身体を老化させる糖化の原因を調べてみた

糖化が身体を老化させることが言われています。例えば肌の調子が崩れやすくなる、骨が折れやすくなるなども糖化が原因と言われています。骨は糖化によって茶色くなり、麩菓子のように茶色い感じになります。こうした状態を糖化と呼び、AGEs糖化最終生成物が生成されます。AGEsは一種の老化物質であり、一度できるとなかなか分解されず、血管の中でたまっていき、それが動脈硬化を呼びます。肌に集まればシワなどにつながり、骨にたまれば骨折しやすい状況を生み出します。糖化が身体を老化させることは間違いありません。

糖化 原因ですが、ブドウ糖や果糖が原因です。ブドウ糖は砂糖と炭水化物で構成されており、血液中に入ればインスリンによって身体の隅々まで運ばれてエネルギー源として機能します。必要なものではあるものの、脂肪のように体内にたまっていくと、それが老化物質に変わります。果糖の場合は腸で吸収され、細胞の中に入っていきます。果糖で気を付けたいのはすぐに糖化が始まる点です。ブドウ糖よりもかなり速く、早々に老化物質ができてしまいます。清涼飲料水をガブ飲みしてはいけないのはそうしたものも原因です。

日頃の生活習慣を改善すれば糖化は避けられるとされています。裏を返せば生活習慣が乱れていれば糖化になりやすいということです。近年は朝食を食べずに1日2食に済ませる人がおり、途中で間食をする人が多いです。ただこの食習慣は明らかに良くありません。朝食を食べないことで血糖値は低くなります。それ自体は悪くないですが、ずっと低いことで血糖値を上げてくれるインスリンが出やすく、その状態で食事を始めることで一気に血糖値が上昇します。糖化が起こりやすい状況を生み出してしまうことから、朝食を抜くことはあまりよくないことがわかります。

早食いもあまりよくありません。急いで食べるとそれだけ血糖値は急に上がります。急に上がると人は眠くなりやすく、そして老化物質を多く生み出す状況を作り出します。早食いをすることは満腹中枢に信号が送られるその前にたくさんのものを食べることにもつながります。そうなれば必要以上に血糖値が高まってしまい、体内にどんどんブドウ糖や果糖などを蓄える結果を生み出します。こうなってしまっては糖化が起こりやすく、どうにもできません。身体を老化させないためには、ゆっくりと食べてよく噛むことが大事です。

野菜を食べない人が若い人を中心に増えていますが、糖化を防ぐことを考えるのであれば野菜を食べることは重要です。また食べるにしても、最初に野菜を食べることが求められます。食物繊維は血糖値の上昇を抑える働きがあります。単にサプリメントで野菜の栄養素を補うだけでは意味がありません。あくまでもキャベツの千切りなどを先にしっかりと食べてからご飯などを食べることで血糖値の上昇を抑えられます。まずは食べる習慣をつけるところから始めないといけません。

ペットボトルのジュースやコーヒーなど甘いものをよく飲む人もいけません。果糖を多く含んでおり、すぐに老化物質を作り出してしまうことからすぐに辞めるべきです。人工甘味料が与える影響も考慮しなければならないため、お茶や水に切り替えることをおすすめします。特にお茶は老化物質を作らないようにしてくれるものがあったり、血糖値を抑えてくれるものもあったりします。健康飲料としてお茶が頻繁に出てきますが、そうしたものではなくても外国で飲まれているお茶には糖化を防ぐものも多く、家で作ってきてそれを外出先で飲むのも大事です。

運動をしないことも糖化 原因となっています。食べたらすぐに動いてはいけないと言われがちですが、あくまでもそれは食後間もなくであり、実は食後からしばらくの時間は糖化しやすい時間でもあります。食べてすぐに横になる人や食べながら仕事をする人、会社の近くで食べてすぐに戻ってしまう人などは注意が必要です。できるだけ歩くことがおすすめであり、それが出来なかったとしても軽い運動を行って体をほぐすようなことが求められます。そうすることで血糖値を緩やかなものにし、気分のリフレッシュにもつながります。

最後に睡眠時間ですが、深夜まで起きて少しだけ寝て朝起きるようなパターンは体に良くありません。なぜなら睡眠時間の中で人間は体内の修復を図ったり、新陳代謝を活発にさせるからです。老化物質を外に出すにはこの時間帯に新陳代謝を活発にさせて、成長ホルモンをどんどん出すような状況にしないといけません。そのためには最低でも6時間は必要と言われています。人によっては休日にたくさん寝て貯金を作るような状態に持っていく人もいますが、これは意味がありません。常に6時間は寝て、休みでもそのリズムは変えないようにすれば安心です。

このように1つずつ原因となるものは存在し、すべてやってしまっているという人もいます。いきなりすべてのものを改善することは大変ですが、まずは1つずつ改善していくイメージでやっていけば大丈夫です。

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング