身体が糖化すると老化が進む

“身体を老化させる要因と言うのは様々ありますが、その中でも最近、大きな注目を浴びている言葉があります。それが糖化と言う言葉です。糖化 老化と言う言葉がセットになって使われることも多いくらいに、糖化は身体の老化、老けることに深く関係しているとも言われています。
ではそもそも糖化とは何かと言うと、これは簡単に言えば体のこげのことです。私たちは普段の食事で糖質を摂取していますが、余分な糖質が体内のたんぱく質や脂質などと結びつくとAGEと呼ばれる物質ができあがります。
このAGEは老化促進物質とも呼ばれており、その名前からも分かる通り、これにより細胞が変性してしまい、様々な身体の部分で老化が促進、発生してしまうと言うのが糖化の主なメカニズムです。

糖化のメカニズムを最も理解できる現象として挙げられているのが、ホットケーキの焦げ付きです。ホットケーキを作る際にフライパンなどで熱すると、こんがり美味しそうなきつね色になり、更に加熱を続けると焦げ色がつきますが、これはホットケーキの粉に含まれている砂糖、すなわち糖質と牛乳の中に含まれているたんぱく質が結合し、加熱されたことが原因です。
つまり糖化が発生する際には、これと同じことが人間の体内でも起きていると言うわけです。糖化により起こり得る老化現象は実に多岐にわたります

たとえば肌に対しては、肌の弾力を構成しているコラーゲンやエラスチンと言った細胞がダメージを受け変性してしまうことで、ハリが失われたり、たるみが出てきたりすることが考えられます。
更にホットケーキが焦げた色になるのと同じように、肌細胞が変性することで肌に黄色く焦げ付いたようなくすみが出てきてしまうと言うのも糖化による現象のひとつです。

それから糖化は血管を脆くさせてしまい、血管は脆くなると、その脆さによって発生するダメージを少しでも軽減させようと内側にコレステロールなどを溜めこみやすくなります。そうすると血管はしなやかさを失い、却って些細なダメージでも傷つきやすくなる、いわゆる動脈硬化と呼ばれるような状態になってしまいます。
動脈硬化は様々な血管性疾患のリスクを高める要因であることから、単に老化と言う側面だけでなく、糖化は健康にも多大な支障を与えると考えることもできます。更に体内の濾過機能を担っている腎臓にはたんぱく質が大きな役割を果たしているため、そのたんぱく質が糖化によって変性してしまうと腎臓機能にも影響が出てくる可能性も指摘されています。

また近年、日本では社会問題と化している認知症にも糖化は深く関係しています。実際、認知症のひとつであるアルツハイマーの患者の脳には、そうでない方に比べて約3倍ものAGEが蓄積されていたと言う報告もあり、それにより脳の働きが著しく阻害されていたと言うこともできます。

このように糖化は全身の健康、状態を損ねるものであると言えるため、対処法が何よりも重要となってきます。ただし糖化によるダメージは、起きてしまったが最後、完全になかったことにするのは、回復させるのは難しいとも言われていますから、力を入れるべきは糖化を予防すること、すなわち抗糖化と言うことになってきます。

糖化の原因は先にも述べたとおり、余分な糖分がたんぱく質と結合することです。
ただ糖分と言うのは、身体や脳を働かせるためには、生命維持には欠かすことができない栄養のひとつですから、いくら糖化を予防するためにとは言っても、これを完全にシャットアウトすると言うのは現実的ではありません。
よって糖分の摂取方法を見直すと言うのが、抗糖化への道となります。人間の体内の糖分濃度である血糖値は、食後、急激に上昇すると言う性質を持っています。ですがたとえば食事の最初に糖分の少ない食べ物、野菜や海藻類を摂取すると血糖値の上昇は緩やかになっていくので、これを利用して糖の吸収を緩やかにする、そしてそのことで余分な糖分が発生しにくい状態にすると言うのが、ひとつの糖化予防です。

ちなみに食材には、血糖値の上昇具合を数値化したGI値と呼ばれる目安があります。このGI値が低いものほど、血糖値が上がりにくく、体に対する負担もかけにくいと言う性質を持っているので、抗糖化を意識するのであればそうした食材を積極的に食べるようにすると良いです。
特にとてもお腹が空いている時、その最初に口にする食事や、その後のエネルギー消費量が少ないと考えられる夕食時には、低GI値の食材を選ぶのが望ましいです。更に食後、30分から1時間程度、有酸素運動を行うのも非常に効果的な抗酸化法です。
有酸素運動には、酸素と体内の糖分が結合することで糖分がエネルギーとして消費されやすくなると言うメリットがあります。そしてこのことは糖化予防だけに留まらず、様々な疾病のリスクを低くすることにも効果的なので、無理のない範囲で運動習慣を取り入れてみるのもおすすめです。食事は毎日のことであり、だからこそそこに気を付けるか否かと言うのは、抗糖化の結果を大きく左右します。で
すからまずは無理のない範囲で、毎日、続けてみることが求められます。

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング