嘘!? マンゴスチンの効果は食べてるだけじゃ得られない?

マンゴスチン

東南アジアでは日常のフルーツとして親しまれているものの、日本ではあまり食べられないマンゴスチン。
別名「果実の女王」や「神の食事」とも呼ばれ、あのビクトリア女王にも愛されるほどのおいしさで有名です。
しかし、このマンゴスチン、近年ではアンチエイジングや抗ガンにも効果があると話題になっています。
果たしてこの噂は本当なのでしょうか?そこで今回はそんなマンゴスチンに期待できる効果についてとことん深堀りしていきたいと思います。

マンゴスチンを食べるとえられる効果3つ

マンゴスチン

紫色のフォルムが特徴的でかわいらしいマンゴスチンですが、食用とされているのはそのさらに内側の白い部分です。
この白い部分は画像でも確認できるようにみかんのように房を分けて食べるようになっています。
このマンゴスチンの果実に豊富に含まれているのは主に炭水化物(糖質+食物繊維)・ビタミンB群・ビタミンCですが、具体的には以下の3つの効果が期待できます。

疲労回復

疲労した女性

マンゴスチンの食用部分に最も含まれている成分は炭水化物(糖質+食物繊維)で、その割合は約17.5%ほどを占めています。
小学校や中学校の家庭科の授業でも習ったかもしれませんが、炭水化物は人間が動くうえで必要不可欠なエネルギー源です。

また、マンゴスチンにはビタミンB1も多く含まれていますので、

  • 糖代謝(糖質を上手にエネルギー源に変えること)もサポートしてくれる
  • 疲労物質である乳酸を代謝して、疲労が身体に蓄積しないように働きかけてくれる

という効果も期待できます。

ストレス対策

ストレスを抱える女性

さきほどもご紹介したビタミンB1は、ストレスの解消にも役立ちます。
というのも脳の糖の代謝にも上手に働きかけてくれるので、イライラ・不安・集中力低下を避けてくれるというわけです。

また、マンゴスチンには

  • パントテン酸
  • ビタミンC

といった成分も含まれていますが、これらもホルモンに働きかけることでストレス対策をしてくれる成分です。

肌荒れ対策

肌荒れしている女性

糖代謝をサポートしてくれるビタミンB群は肌の新陳代謝も高めてくれます。
血行を促進してくれるビタミンEもマンゴスチンには含まれているので、相乗効果で肌の理想的なターンオーバーを支えてくれることでしょう。
これによって肌荒れの予防や軽減といった効果が期待できると考えられます。

ただし、マンゴスチンにはビタミンCは微量しか入っていないので女性が求めるアンチエイジング・美白といった効果はあまり見込めないでしょう。

ここまでがマンゴスチンを食べることで期待できる身体への効果です。

マンゴスチンの食べられない部分の効果5つ

マンゴスチン

ここまでマンゴスチンでよく食べられる白い部分に期待できる効果をお話してきましたが、ここまでの文章を読んで「あれ?」と思った方も少なくないのではないでしょうか?
そうです、マンゴスチンの食用部分には、近年噂されているアンチエイジングや抗ガンへの効果はあまり期待できないのです。

それではなぜマンゴスチンはあれほどアンチエイジングや抗ガンの世界で話題になっているのでしょうか?
実は、マンゴスチンのこれらの効果が期待できる部分は、食用の部分ではなく紫色の果皮の部分なのです。
この果皮に含まれる豊富なポリフェノール類が身体にさまざまなポジティブな効果を発揮してくれるといわれています。
それではマンゴスチンの果皮を摂取すると期待できる効果を改めて5つチェックしていきましょう。

眼精疲労の緩和・予防

スマホを見る女性

私たちの目の網膜には、受け取った光の情報を信号化してくれるロドプシンという物質があります。
ロドプシンは網膜組織のなかで分解と再合成を繰り返しているのですが、加齢やPCやスマホなどの眼の酷使によって再合成能力が低下すると目の疲れにつながってくるのです。
そんなロドプシンの再合成を助けてくれるのがマンゴスチンの果皮に含まれるアントシアニンというポリフェノール
デスクワークが中心で、仕事以外もスマホなどを酷使している現代人は、ぜひ取り入れたい成分です。

また、このアントシアニンは白内障や緑内障予防にも効果があるとされています。

抗酸化作用

老化

身体の中の細菌やウイルスを撃退してくれる活性酸素。
しかし、加齢やストレス・食品添加物・喫煙・飲酒・紫外線・激しい運動などが原因で増えすぎてしまうと、老化の原因になるといわれています。
そんな活性酸素の生成を抑えてくれる(抗酸化)作用のあるポリフェノールやビタミンEもマンゴスチンの果皮には多く含まれているので「マンゴスチン=アンチエイジングに効果がある」といわれているんです。
なかでもキサントン・ガンママンゴスチン・カテキン、さらには先ほどご紹介したアントシアニンには強力な抗酸化作用があるといわれています。

身体の酸化については「今更聞けない!糖化と酸化の違いって何?」の記事でも詳しくご紹介していく予定なので合わせてチェックしてみてくださいね。

今更聞けない!糖化と酸化の違いって何?

2018.08.28

糖尿病の予防・ダイエット

サラダを食べる女性

また、マンゴスチンの果皮には「ヒドロキシクエン酸(HCA)」というものも入っています。
簡単に言うとヒドロキシクエン酸(HCA)の役割は、

  • 脂質の代謝を促して、中性脂肪やコレステロールをコントロールしてくれる
  • 摂取した糖分や炭水化物を脂肪にさせない
  • 血糖値を安定させる

といったもの。糖尿病にはもちろんのこと、ダイエットにもポジティブな効果が期待できます

抗糖化作用

ホットケーキ(糖化の説明)

近年、アンチエイジングの世界で注目を集めている現象に糖化があります。
糖化とは簡単に言うと
体内の余分な糖がタンパク質と結びついて、老化物質(AGEs)を作ってしまい、身体中で悪さを働く
現象なのですが、この糖化は老化だけではなく「知ってた?糖化による恐ろしい症状たち」で詳しくご紹介していますが実は深刻な健康被害の引き金にもなっているのです。

知ってた?糖化による恐ろしい症状たち

2018.09.18

この糖化を抑制してくれる(抗糖化)作用があると期待されているのがマンゴスチンに含まれるポリフェノール類なのです。
キサントン・プロシアニジン・カテキンなどにも抗糖化作用がありますが、なかでもロダンテノンB(マクルリン配糖体)という成分はマンゴスチン特有の成分。
このロダンテノンBという成分は、糖化によって生成されるAGEsが体内に蓄積されるのを防いでくれる効果があるという研究結果が出ていて、今大変注目されているんです。

つまりマンゴスチンの果皮を取り入れるだけで、アンチエイジング界で注目の抗酸化・抗糖化がどちらも達成できてしまうというわけです。

抗ガン作用

ガン治療を受ける女性

さらに、マンゴスチンに含まれるキサントンのなかでも「α⁻マンゴスチン」には大腸がんを抑制する効果があるということも明らかになっています。
国内でも、岐阜国際バイオ研究所が
「キサントンの抗酸化作用ががんの治療に有効である」
と発表していて、実際に代替医療方法としてキサントンを処方する病院もあるのです。
動物への経口実験や、ヒトの身体での臨床実験でもよい効果が出ているので、これからのがんの予防や治療にも効果が十分に期待できるといわれています。

マンゴスチンの果皮の部分の効果を得るためにはどうしたらいいの?

サプリメントを飲む女性

ここまでの文章で、

  • マンゴスチンの食用部分には今注目されているマンゴスチンの効果は期待できないこと
  • 今話題になっているマンゴスチンの効果を享受するためには食用ではない皮の部分を摂り入れなければいけないこと

がお分かりいただけたかと思いますが、問題は「どうやって果皮の部分の栄養素を体内に取り入れるか」だと思います

もちろんそのまま食べてもいいのですが、この果皮の部分は普通に食べてしまうと「苦すぎて食べられない」というのが本当のところです。
なので、

  • 果皮の部分を乾燥させてお茶にして摂取する
    (今後くすみ抗糖化Laboでも実際に作ってみようと企画中)
  • マンゴスチンの果皮成分が含まれたサプリメントを摂取する

いまのところはこの2つが現実的です。
もちろんお茶を作ってみるのも楽しいとは思いますが、朝から晩まで忙しい生活を送っている私たち現代人が手軽に摂取できるのはサプリメントだと思います。
おすすめのサプリを「アンチエイジングにぴったり★ マンゴスチンサプリランキング」の記事でご紹介しているので興味のある人はチェックしてみてくださいね。

アンチエイジングにぴったり★ マンゴスチンサプリランキング

2018.10.21

食べてるだけじゃもったいない! マンゴスチンの効果まとめ

今回は今アンチエイジングで話題になっている果実の女王、マンゴスチンの効果について詳しく説明してみましたがいかがでしたか?

  • 普段私たちが食べているマンゴスチンの果実には疲労回復・ストレス緩和・肌荒れ防止の効果が期待できる
  • 眼精疲労の緩和・抗酸化・糖尿病予防・抗糖化・がん予防など今注目の効果はマンゴスチンの果皮の部分に期待できる効果である
  • マンゴスチンの果皮は普通に食べることは非現実的なので、お茶かサプリで摂取するのがおすすめ。

ということがおわかりいただければ幸いです。
くすみ抗糖化Laboは、抗糖化やくすみケアに関する情報を定期的に発信しているメディアです。
ほぼ毎日更新しているのでぜひ定期的にチェックしてみてくださいね!

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング