タイのフルーツ、マンゴスチンの食べ方をご紹介

マンゴスチンはタイやマレー半島で栽培されている南国フルーツ一つです。日本では栽培されていないためあまり知られていないフルーツですが、フルーツの女王様とも呼ばれます。実は直径7センチほどで、赤紫色の分厚い皮に囲まれています。中には白い実がつまり、ライチに形も似ています。マンゴスチンの大きな特徴としてその甘みが挙げられます。食べ方によって異なりますが、甘みはイチゴやメロンにも通ずるものだと言われ、この甘さこそがフルーツの女王様と呼ばれる所以ということです。

見た目はニンニクにも似ていて、日本人にとっては親しみのないフルーツであることから、おいしそうというイメージは持たないかもしれません。しかし過去にはビクトリア女王が好んだ味であり、ヨーロッパを中心に普及していきました。柔らかい果実に強い甘みとさわやかに鼻を抜ける酸味が特徴で、これらが合わさりフルーツの女王と言わしめるほどとなりました。食べ方や見た目であまり食べたくないと感じる人もいますが、実はギャップにはまってしまうくらいおいしいと好む人も見られます。

基本的には生で食べる食べ方がほとんどであるため鮮度が重要です。マンゴスチンを選ぶ際には皮の色が茶色っぽいものが望ましいといえます。時間がたてばたつほど紫色が強くなっていくため、あまりにも紫色になっているものは鮮度が落ちている証拠でもあります。また感触としては皮に弾力があり柔らかいものが新鮮である証拠です。鮮度が落ちるにつれ皮はかたくなるため、触って判断することができます。ヘタは緑色をしたものが鮮度がよいと言われています。

マンゴスチン 食べ方としては、特徴のある見た目から、特別な剥き方や切り方があるのではないかと感じる人もいるかもしれませんが、難しいことは何もありません。包丁や道具を使うことなく、ミカンのように手で剥いて食べる食べ方が一般的です。ヘタの部分から真下に向かって圧迫すると皮が割れます。割れた部分から皮をはがしていきましょう。ヘタを取り除いて実を取り出して食べるだけです。
せっかくマンゴスチンを食べるのであれば、よりおいしい食べ方を知っておきたいところです。フルーツの女王様とよばれるくらいなので、もちろん生でそのまま食べてもおいしいフルーツです。マンゴスチンの産地でもあるタイやバンコクでは、マンゴスチンの甘さを生かしてパフェにして食べるのも人気となっています。

おすすめの食べ方の一つ目としては、マンゴスチンのゼリーが挙げられます。マンゴスチンは強い甘みが特徴なので、この甘みを生かせる食べ方が特におすすめと言えるでしょう。この点からマンゴスチンでゼリーを作ることは非常におすすめの食べ方と言えます。具体的な作り方としては、鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、粉ゼラチンを振りいれ、ゼラチンが完全に溶けるまで火にかけましょう。マンゴスチンとゼリー液をカップに入れて粗熱をとったら、冷蔵庫に入れてゼリーが固まるまで冷やすだけです。甘みと食感に特徴のあるマンゴスチンをゼリーにすることで、そのまま食べる食べ方とはまた異なる食感が体験できます。

おすすめの食べ方の二つ目にはスムージーが挙げられます。スムージーはマンゴスチンの食べ方として外すことはできないでしょう。タイやバンコクではスムージーやジュースとしてもよく選ばれるフルーツです。家庭にミキサーあれば簡単に作れるので、飲みたいと思った時にすぐに飲む事も出来ます。
作り方も非常に簡単です。グレープフルーツやバナナなどの南国フルーツをマンゴスチンと一緒にミキサーにかけて攪拌するだけです。あらかじめスムージーにするすべてのフルーツを冷やしておくことで、ミキサーにかけたらすぐに冷たいスムージーを楽しめます。作る前に冷蔵庫で何時間か冷やしておくのがコツです。マンゴスチンはそのほかのフルーツとも相性が良いので、自分でいろいろなスムージーを試しながらマンゴスチンと合うフルーツを見つけて、オリジナルのスムージーを作ってみるのも楽しいでしょう。

最後にマンゴスチンフルーツブランデーもおすすめです。作り方も非常に簡単で、ブランデーの中にマンゴスチンの実を漬け込み、三日間ほど放置するだけで完成です。フルーツブランデーとして楽しむだけではなく、様々な料理に応用することができ、料理のレパートリーもあがります。普段はただ焼いていたチキンやサーモンにこのブランデーを一振りして焼くことで、普通のソテーがまるでタイ料理のような味わいに変化します。マンゴスチンとブランデーの香りがほのかに香り、風味も増すことでしょう。ケーキなどのデザート類にも使うことができ、様々な点で応用が利きます。
マンゴスチンは冷凍してしまうと風味や甘み、食感、酸味が生のものと比べると格段に下がってしまいます。できる限り生のうちに食べ、調理をするのもできる限り早い段階で行うと、おいしいマンゴスチン味わうことができます。”

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング