老化を防ぐ!抗糖化作用が認められる食べ物まとめ

老化を促進させてしまう糖化は、抗糖化 作用を持つ食品で対策することができます。
主な食品としては、基本的にGI値が60未満に該当する食べ物全般で、主食なら玄米やそば、野菜だとさつまいもやかぼちゃが理想的です。
白米のGI値は84ですし、うどんは80で食パンは91にもなりますから、これらの食品は糖化作用が強く、老化しやすい食べ物だといえるでしょう。
糖分配合のジュースも当然ながら老化を促進しますし、日本では意外にも調味料の醤油が良くないとされます。
血糖値を急激に上げない、これが老化を防ぐ基本的な考え方なので、糖質が多く早く吸収されやすい食品は全般的に要注意です。
しかし、糖質量が多くても食物繊維が豊富であれば、糖の吸収は遅くなるので血糖値の上昇が抑えられます。
それが健康の第一歩ですから、抗糖化 作用のある食品を選ぶならば、食物繊維が多くGI値の低い食べ物を選択するのが目標となります。

肉類は脂肪分がカロリーを高めますが、糖質はそれほど多くないので、GI値は50未満となっています。
勿論、肉ばかりを食べると栄養の偏りが生じますから、野菜で食物繊維を補いつつ、バランスの良い食事を心掛ける必要があるでしょう。
魚介類も肉類と同様にGI値は低く、抗酸化成分も多く含まれているので、老化を防ぎつつ健康に役立ちます。
乳製品は更に40未満というGI値ですから、控える糖の代わりに摂取する、糖化しにくいエネルギー源となります。
海藻類に至っては乳製品を上回る30未満ですが、エネルギー源としてはあまり期待できないので、補助として積極的に摂るのが良いです。
抗糖化による老化予防の基本は、糖質の摂取量と吸収速度にありますが、一方では積極的に抗糖化 作用を見せる食品の摂取も大切なポイントです。

ビタミンを多く食品は酸化防止だけでなく、抗糖化の側面でも優れた機能を発揮します。
ビタミンが豊富に配合されることで知られるお茶は、老化を防ぐ性能が優れる食品としても有名です。
日本では古くから緑茶が老化防止に役立っていますし、海外ではハーブティーが健康や美容で親しまれています。
こういったお茶は、ただ単にイメージ面で健康的的なわけではなく、実際に効能として力を発揮してくれます。
他にも烏龍茶やプーアール茶といった、茶カテキンを多く含む種類が抗糖化に役立つことが分かっています。
茶カテキンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用も併せ持っている体に嬉しい成分です。

ハーブティーならカモミールティーがおすすめで、食後よりも食前に口にしておくと、より一層の作用に期待することができるでしょう。
抗糖化 作用といえば葉物の野菜も有力な食材で、ほうれん草やキャベツに白菜、小松菜などの野菜が期待に応えてくれます。
これらは糖質が少ない代わりに食物繊維が多いですから、根菜類やイモ類に比べると抗糖化の目的にマッチする食材です。
あまり難しく考えなくても、緑色の葉を持つ野菜と覚えておけば、食材を選ぶ時の参考になります。
大豆食品全般も老化を防ぐのに役立ちますし、腸内環境を整えるヨーグルトもまた、腸に作用して糖化しにくくする作用をもたらします。
特定の食品に頼るよりも、複数を組み合わせて無理なく続けていく、それこそが抗糖化に取り組む理想的なやり方です。
真面目に毎食取り組むのは大変ですから、普段の食品の一部を糖化しにくい食べ物に置き換えたり、低カロリーを基本に食べる物を選ぶのが良いでしょう。
小麦粉や油を使った揚げ物はGI値が高いので、このような食品はなるべく避けるのが理想的ですが、少なめに楽しむのが抗糖化を無理なく続ける基本です。

高GIの食品はどれも美味しいものばかりですから、全てを禁止して我慢するとなると大変です。
それに、付き合いで食事をする際に出される場合も考えられますから、全く摂らないように心掛けるのは難しいです。
逆に禁止するよりも減らしたり、低GI値の食品に置き換える方向で続けた方が、無理なく続けられるので現実的だといえます。
スナック菓子や加工食品、高脂肪の乳製品も口にしないのは良いですが、我慢のし過ぎの反動で暴飲暴食に走ったり、ストレスで病気になってしまっては本末転倒です。
抗糖化 作用を持つ食品を知って、少しでも長く続けられるのが一番ですから、まずは野菜を低GI食品に置き換えたり、飲み物をお茶にして糖化を避けましょう。

肉は揚げるよりも焼く方向で調理して、油の量も減らすことができれば、栄養摂取と抗糖化の両立が実現します。
魚も積極的に摂るように心掛け、抗酸化も同時に行うことで抗糖化の効果が高められます。
ただ、いくら糖質量が少ない食品を選んでも、食べ過ぎたり短時間で食事を済ませるのは間違いです。
食べる順番も糖の吸収や糖化に影響するので、食物繊維が豊富な野菜から食べ始め、糖質やタンパク質を交互に摂ることも大切です。
よもぎは糖化物質の分解を助け、どくだみは排出を促しますから、抗糖化 作用がある食品と一緒に摂取するとより一層効果的です。”

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング