簡単おいしい! カモミールティーの作り方

カモミールティー 作り方は、標準なハーブティーの作り方をベースとして、工夫を加えるのが基本となります。

一般的なハーブティーは、カップ1杯に対しティースプーン1杯の割合で、分量の目安にするのが良いでしょう。
ティースプーンは約5gが標準ですから、これをカップ1杯分として200ccを目安に入れて行きます。
これはドライハーブの場合の目安なので、フレッシュハーブを使う時は3倍量は必要です。

ハーブはティーポットで作るのが良いので、スプーンで計量したハーブを容器に入れつつ、お湯を沸かして沸騰するまで待ちます。
ティーポットには熱湯を注ぎ、香りを閉じ込める意味で蓋をして5分ほど待ちます。
蓋を開けっ放しだと、折角の香りやおいしさが逃げてしまいますから、素早く蓋をしてじっくりと蒸らすのが正解です。
この時間は、おいしいハーブティーを淹れる目安となる時間で、カモミールティー 作り方にも共通します。

塊の大きなハーブであったり、固まっている場合はもう少し時間を置きますが、通常は長時間は置かないのが普通です。
しかし、味の濃さや香りの好みには個人差があるので、短ければ3分、長くても10分以内で時間を調節することができます。

一度標準的な時間でカモミールティーを作ってみて、二回目から時間を好みに合わせて試行錯誤してみるのがおすすめです。
カモミールの効能に期待したり、もっと濃い味を楽しみたい時は、少し多めにハーブを加えるのもありです。
ティースプーンであれば、擦り切れではなく大盛りといった形で加えることになるでしょう。
ただ、極端に量が多いとカモミール本来の味が分からなくなるので、最初はティースプーンの擦り切れよりも少なめで試し、量を増やして好みを見付けるのがコツです。

ハーブが新鮮だとあまり香りや味が出にくいので、摘みたてやフレッシュな物を使うなら、普通の濃さでも多めにハーブを使うのがベストです。
熱湯を注ぎ時間が経って適度に冷めたら、カップに注いでいよいよ飲むことができます。
ここまでは、ストレートなカモミールティー 作り方で、基本的な淹れ方が分かる内容となっています。
夏場なら氷を加えていただけますし、ミルクを加えてマイルドにするのもありでしょう。
砂糖を加えれば飲みやすくなりますが、入れ過ぎると美容や健康作用が弱まるので、なるべく本来の味を楽しむことをおすすめします。
そのままでも簡単に楽しめる、それがカモミールティーの良さなので、ストレートに香りや味わいを楽しんだり、シンプルなアレンジでいただくのが基本です。

簡単なカモミールティー 作り方で味わえるティーに、おいしいアレンジを加えたいのであれば、簡単に魅力を引き立てることが可能です。
リンゴの香りに似ているカモミールは、はちみつの甘い香りや甘味との相性が良いので、スプーンに軽くすくって入れるだけでもおいしさがアップします。
カモミール本来の甘さが、はちみつによって相乗的に引き立ちますから、とても相性が優れる組み合わせとして、本場ヨーロッパにおいても定番です。
多くの人が想像するように、ミルクと一緒に入れるとコクも深まるので、手軽においしくいただくならミルクとはちみつのアレンジがベストでしょう。
甘さを重視してアレンジするのも良いですが、冬には冬のカモミールティー 作り方があります。
しょうがは体を温めるのに優れていて、カモミールのストレートとはまた違ったおいしさに気が付ける飲み方です。
むくみを改善するカリウムと、しょうがの血行促進の相乗作用のおかげで、効果的に悩みが改善していくのも魅力的です。
甘味が控えめになるアレンジですから、ミルクや砂糖を苦手とする人でも、カモミールがおいしく味わえるはずです。
ティーカップを持っていなかったり、逆に甘い方が飲みやすいなら、リンゴジュースでカモミールティーを楽しむ方法があります。
このカモミールティー 作り方は簡単で、鍋にリンゴジュースを適量入れて沸騰させたら、そこに市販のティーパックのカモミールティーを投入するだけです。

煮出す必要はありませんし、沸騰したら火を止めて5分程度待つだけなので、誰でも簡単に甘くておいしいカモミールティーが試せます。
アレンジでシナモンを少量加えると、更に飲みやすさがアップしますから、ハーブティーに抵抗感がある人でも安心です。
使うのは鍋とティーカップ位ですから、後片付けが簡単で好きな時に楽しめるのがメリットです。
同じく市販のリンゴジュースを使うのもありですが、摩り下ろしたてのリンゴを使うと、より鮮度の高いフルーティーな香りが楽しめます。
摩り下ろすのが面倒であれば、スライスした物をカモミールティーの上に浮かべるだけでも、香りや味わいが増してくるでしょう。
簡単アレンジに使う果物はリンゴに限りませんし、他のスライスした果物を試してみると、リンゴとは異なる組み合わせの魅力に気が付けます。
ストレートでもアレンジでも期待に応えてくれるハーブですから、まずは簡単な作り方で試して、飲みにくさや物足りなさを感じたらアレンジすると幅が広がります。

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング