カモミールティは妊娠初期に飲んでもOK? 飲んでいいハーブ・ダメなハーブはこれ!

特徴的な味や香りなどが魅力のハーブティー

ストレスを解消したり、気分をリフレッシュしたいときなどに、ハーブティーを好んで飲むという人は少なくありません。特に体が変化する妊婦さんにとってハーブティーを飲むことで気分を落ち着かせることは、一見するととても効果的で体にも安全なように感じられます。
そもそもハーブティーというのは乾燥させたハーブを抽出して作る飲み物で、使用するハーブによって効能や特徴的な香りや味わいがあるため自分の体調や好みに合わせて飲めるのが魅力です。西洋の漢方と表現されるように単なる嗜好品としてだけではなく、その効果効能によって体調を整える目的に飲む物でもあります。
ハーブティーは多くの場合カフェインが含まれていないので、特にカフェインの摂取を控えた方が良い妊娠中の人には嬉しい飲み物というイメージがあるのですが、中には妊娠中には飲むことのできないハーブティーもあるので注意が必要です。

妊娠初期には特に注意しなければならない事

妊娠中には体はこれまでとは違う様々な症状があらわれやすくなります。つわりで妊娠前には全く気にならなかったにおいに敏感になったり、気持ちが沈みがちになったりする変化は多くの人が経験すると言われます。ただしそうした症状の現れ方には個人差があり、誰にでも同じように症状が現れるものではありません。気分がすぐれなかったり、つわりの症状によって吐き気などで食欲がなくなって体力が低下してしまう人もいます。
そのためハーブティーの中でも妊娠中の様々な体の不調を和らげる効果が期待できるものや、ストレス解消効果のあるものなどは積極的に取り入れたいところです。ただし、ハーブティーの種類によっては子宮を収縮させる作用があるものも存在し、万一妊娠中に飲用すれば、人によっては流産や早産などのリスクが高まる危険性を持つものもあります。
中でも妊娠初期のころは体調も不安定で妊娠も安定した状態ではないため、ハーブティーを飲む際には注意が必要になります。特にハーブティーは特徴的な味わいや香りによって好みが分かれるため、この香りや味なら飲めると思えるものでも、妊婦が飲むべきではないものには要注意です。また、薬とは異なりハーブティーはその作用が穏やかなものが少なくないのですが、万一飲んで何かしらいつもと違う異常を感じたり不安を感じる場合は、まずは飲用を中止して医師や助産師に相談するようにしましょう。

妊娠初期のころに飲んでも良いハーブティー

妊娠中は大事をとってハーブティーは一切口にしないという必要はありません。ハーブティーの中には妊娠中の体にこそオススメなものもあります。まずは妊娠中でも安全なものを選んで、自分の体調や好みなどに合うものを飲んでみる分には全く問題ありません。
その中の一つに抗酸化作用が高く風邪などの予防にもつながるルイボスティーがあります、亜鉛やカルシウム、鉄分などの栄養素の補給にも効果的です。デトックス効果もあり、むくみの改善効果も期待できます。
ローズヒップティーはビタミンCが豊富で免疫力を高め、利尿作用もあるので浮腫みの解消や便秘の改善にも有効です。
ラズベリーリーフティーは子宮周りや骨盤周りの筋肉に作用して安産を促すとされています。ただし子宮収縮作用がある事から妊娠初期から中期の飲用は避け、妊娠後期の8か月を超えたあたりからの飲用がおすすめです。ただし、医師から切迫早産と診断されたり、鉄剤を処方されている場合などには飲むのを控えるようにしましょう。
ジンジャーティーは日本でも生姜湯として親しまれてきたハーブティーです。血流や体の代謝を良くして体を温める作用があるので、妊娠中の冷えの改善にもとても効果があります。ただし、摂りすぎると消化器官への悪影響や止血作用の妨げになる可能性もあるため、あくまでも適量の飲用にとどめる必要があります。

妊婦が飲めない、または妊婦が飲むには注意が必要なハーブティ

リラックス効果や血行を促進する効果があるカモミール 妊娠初期の飲用にはうってつけというイメージがあります。でも実はカモミールには子宮を収縮させる作用がある事から特に妊娠初期に飲用するのは注意が必要です。カモミールの筋弛緩作用や子宮収縮作用に影響で妊娠初期の妊婦が飲用すれば人によっては流産や早産を引き起こすリスクを高める可能性があるため、出来れば飲用は避ける事がおすすめです。ただし、ハーブティーは味や香りが独特で、カモミールなら口にできると感じる人は、事前に医師や助産師に相談してみるようにしましょう。
また、精神を安定させる作用のあるセントジョーンズワートも妊婦が飲用すると子宮の筋肉の緊張を起こして流産や早産のリスクを高める可能性を指摘されています。同じようにベニバナ茶やはとむぎ茶、アロエ茶などには優れた効果効能が期待できるのは確かなのですが、やはり妊娠初期の妊婦が飲用するのは避けた方が良い作用が見込まれるため、飲用する際には注意が必要です。

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング