授乳期間中にカモミールティを飲むメリットはこれ!

出産後には質の良い母乳を作り出すためにも、なるべく水分摂取する必要があります。しかしただ水分を摂取すればよいというわけではありません。母体でつくられる母乳は、お母さんが口にしたものにより成り立ちます。赤ちゃんに与える母乳であることから、お母さんは自分が口にするものには十分気をつけなければなりません。飲み物を口にする際に一番気をつけなければならないのはカフェインです。コーヒーや紅茶にはカフェインが多く含まれており、日常的に飲むにはあまり好ましくありません。授乳中におすすめの飲み物にはハーブティが挙げられますが、ハーブティは授乳中に飲んでよいものと控えるべきものに分かれます。その中でもカモミールティはノンカフェインであるため、授乳中に飲むことが可能です。

授乳期間中にカモミールティを飲むメリットはたくさんあります。カモミール 授乳中に飲むメリットの一つ目にはリラックス効果が得られることが挙げられます。カモミールは神経を鎮めリラックス効果が得られることでも有名なハーブの一つです。出産後はホルモンバランスの影響や、育児にかかりきりになり、神経が張り詰めた状態にあります。なかなか睡眠時間が取れず寝不足になってイライラが募るお母さんも多く見られます。このようなときにカモミールをのむことにより心がリラックスし、疲労回復の手助けにもつながります。神経を鎮めることには安眠効果も得られます。出産後は授乳の必要性があり夜中に目が覚めて寝られなくなってしまうことが多々あります。寝る前にカモミールティを飲むことによっては安眠効果が得られるため、少しの時間でも質の高い睡眠をとれるようになるでしょう。

そして二つ目のメリットとしては体を温める効果です。ヨーロッパではハーブがよく用いられていますが、子供が風邪をひきはじめたときに飲ませたり、生理痛の緩和を目的に飲むこともあります。これがカモミールの体を温める効果で、体を温めて症状を緩和させているということです。カモミールにはマザーリーフと呼ばれる別名もありますが、これはお母さんのように温かく優しいハーブから名づけられています。
そして授乳中にカモミールティを飲む一番のメリットが、母乳の分泌を促す効果が期待できるということです。カモミールティには体を温める効果がありますが、体が温められると体の中の血液の循環が良くなります。血液の循環が良くなることで母乳の分泌も促されます。ドイツでは出産後すぐに母乳の出が良くなるようにとカモミールやその他のハーブをブレンドしたお茶を飲み、母乳の分泌を促進させています。このように海外ではカモミールが当たり前のように飲まれていることがわかります。

そしてカモミールティは胃や腸の働きを助けることが期待できます。カモミールにはアズレンと呼ばれる物質が含まれていますが、この物質には胃や腸などの炎症を修復する働きがあるといわれています。お酒を飲み過ぎてしまったり暴飲暴食で腹痛が起こったり、ストレス性の胃腸炎などにかかった時など、あらゆる症状に効果があると期待されています。出産後にはストレスがたまることもありますが、このようなときにカモミールをのむことで、胃や腸の働きを助けてくれたり、イライラも抑えられることでしょう。

このように授乳中の女性にもお薦めのカモミールティーですが、できる限り効果的な飲み方をしたいものです。カモミールティは1日に2から3杯を目安に、授乳の前後にのむと効果的だと言われています。体が冷えると母乳の分泌も悪くなるため、体を温めるためにもホットティがお勧めです。授乳期の女性にはぴったりのカモミールティですが、子宮を収縮させる作用があるため、妊娠中には飲まないように気をつけましょう。
またカモミールティをのんでいれば、どんな生活をしていてもよいというわけではありません。日ごろから正しい生活を意識していなければ、母乳が詰まるなどのトラブルにつながる可能性もあります。トラブルを改善したり質のよい母乳を出すためには、まず最初に規則正しい生活習慣を行うことが大切です。

授乳中にはなかなか難しいですができる限り体を休めたり、ウォーキングやヨガなどの適度な運動を行うのもお薦めです。またバランスの良い食事をとり、できる限り授乳回数を増やしましょう。授乳中にはこれらの生活のポイントをしっかりと意識すると良いでしょう。また母乳の出を促進するためにはマッサージも一つの方法です。マッサージはやさしく丁寧に傷つけないように注意しながら行います。そしてカモミールティを飲むことにより、イライラを解消させることにもつながりますが、できる限りストレスをためないように生活することも大切です。母乳トラブルが起きる最大の原因は精神的なストレスだと言われています。深夜の頻繁な授乳や育児と並行した家事、ホルモンバランスの乱れや母乳トラブルによる不安など、出産後のお母さんは心身ともに疲れてしまいます。周囲の人に手伝ってもらい、少しでも一人の時間を作るなどし、ストレスをためない生活を心がけましょう。

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング