カモミールティの成分や効果をしらべてみた

ハーブティーとしての魅力

約4000年もの昔から薬草として使用されてきた記録を持つカモミールは、キク科の植物で白い花びらの小さく可憐な花を咲かせます。小型の一年草で、ハーブティーには花の中心部分が盛り上がったような特徴的な形をしたジャーマンカモミールの花の部分を使用して作られます。リンゴのようなさわやかな香りが感じられて口当たりが優しいハーブティーとして人気の高いハーブの一種です。ただし、キク科のアレルギーを持つ人や、妊娠中の人は飲まない方が良いという意見もあるので、飲用する際には注意が必要です。カモミールを使ったハーブティーは安全性が高いと言われるのですが、服用する薬の種類によっては薬の作用に影響を与える可能性があるため、日常的に服用している薬がある場合にはかかりつけの医師や薬剤師などに相談してみる必要があります。

体に様々な影響を与えるカモミールの成分と効能

抗炎症作用のあるカマズレン、アレルギーを抑えたり、リラックス効果などのあるアピゲニン、抗酸化や抗糖化作用のあるケルセチン、クマリン、カマメロサイドなどがカモミールに含まれる代表的な成分です。カモミールの効能としては炎症を抑える効果や気持ちを落ち着かせる効果、そしてアンチエイジング効果などがあげられます。
まずカモミールの含有成分であるビサボロールやアピゲニン、ルテオリン、カマズレンなどのなかでもルテオリンには炎症の原因物質の精製を阻害して炎症を抑える抗炎症作用があると言われています。主に消化器系に作用することから胃炎などにも効果が期待され、歯肉炎対策にうがい薬として使用するのにも適しています。そして皮膚の炎症を抑制するためには、カモミールから抽出した精油を薄めて患部に湿布する方法が最適です。
アレルギー原因物質のヒスタミンの放出を抑える作用のあるアピゲニンは、カモミールティーを飲むことでその効果が期待できます。更にアピゲニンには痙攣を緩和させる作用があるため胃腸の調子を整えるためにも有効です。
カモミールに含まれているアンゲリカ酸エステルは副交感神経の働きを活性化する効果があり、自律神経のバランスを整える事で興奮を鎮めてリラックスさせる効果があるといわれます。その為強いストレスや不安な気持ちに襲われたときなど、カモミールを抽出したお茶を飲むことでリラックス効果が得られます。また、不眠症対策にも効果的でノンカフェインなので就寝前に飲むとよく眠れるようになるとされています。ただし、既成のハーブティーにはドライカモミールに加えて紅茶の葉などをブレンドされているものもあり、紅茶にはカフェインが含まれているので就寝前に飲むには適しません。ブレンドティーを選ぶ際には原料をよく確認して選ぶようにするのがおすすめです。
カモミールティーには飲むことで体を温めて発汗を促す作用があります。風邪の引き始めのころに飲用すれば寒気などの風邪の初期症状の緩和効果が期待されます。さらに抗菌効果や感染症の予防効果も期待できることから、初期段階の風邪の時や風邪にかかるのを予防するために服用するのにも適しています。
そしてカモミールに含まれるアビゲニンやカマメロサイドには強い抗酸化作用があるため、お茶を飲用することで高いアンチエイジング効果が見込めます。

カモミールティーのおすすめの飲み方

カモミールティーを淹れる際にはティーポットとティーカップにお湯を注いで暖めたところに、ティーポットにハーブを入れて95℃以上の熱いお湯を注ぎ入れ、蓋をして3分から5分程度蒸らします。その後ティーポットを水平の状態で軽く回して中のお茶の濃さを均一に整えてからティーカップに注ぎ入れます。カモミールの成分をしっかりとより効果的に抽出するために、使用するお湯は必ず沸騰させて淹れるようにします。ハーブティーとして飲用するには自分好みの味や濃さに調整するために使用するハーブの分量を加減したり、お湯を注いだ後の蒸らし時間を調整すると効果的です。
また夏の暑い時期には冷たく冷やすとスッキリと美味しくいただけます。カモミールはオレンジジュースとよく合うと言われるため、冷たくしたお茶を3に対してオレンジジュースを7の割合でブレンドするのもおすすめです。アイスティーを作る際にはお湯を入れて抽出する量を普段の1/2から1/3程度にして濃いめに作ったものを、氷を入れたグラスなどに注ぐと上手にできます。
また、同じハーブで相性が良いものとしてはハイビスカスやペパーミントなどもおすすめです。それぞれに単体のハーブをそろえて自分でブレンドするのもいいのですが、目的別に最初からブレンドされたものも様々な種類が市販されているので、そうしたものを選べば気軽にカモミールティーを楽しむことができます。紅茶などと異なりカフェインが含まれていない事から体への負担も少ないので、眠る前に飲むのもおすすめです。”

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング