見逃してはいけない、カモミールの副作用をチェック

ハーブティーは古くから医薬、薬学でも注目され、現在も健康や美容に良いということで人気があります。ただ、ハーブティーにもいろいろな種類があり、一歩間違えると体に害を与えてしまう可能性出るものもあるので注意が必要です。

例えばカモミールは、ハーブティーの中でも知名度の高いお茶です。ノンカフェインで優しい口当たりが特徴的で、子どもから高齢の人まで幅広い年代の人に飲まれています。そして人気の理由には、さまざまな効能があることも挙げられます。例えば胃腸の調子を整える効果です。胃腸粘膜への抗炎症作用や鎮痙作用などがあり、胃腸の不調や症状の緩和が期待でき、胃炎や大腸炎の予防にもおすすめです。また皮膚に対しても抗炎症作用があり、肌トラブルを改善する目的で利用する人も多いです。その他にも、カモミールに含まれるアピゲニンという成分が興奮物質を抑制する働きがあり、就寝前に飲むことで疲労回復やリラックス効果が得られますし、女性特有の月経痛や冷え性、貧血の改善、花粉症の改善の他、タンパク質の糖化を防ぐ抗糖化作用があることからアンチエイジング対策としても人気があります。

そんなカモミールなのですが、副作用の可能性もあるので知っておきましょう。カモミール 副作用としてはアレルギー症状です。カモミールはキク科のハーブであるため、キク科アレルギーの人は発疹やぜんそく、アナフェラキシーなどのアレルギー反応を起こす可能性があります。その他のアレルギー症状として嘔吐や胃痛、下痢、口の乾きや舌のもつれ、頭痛やめまいといった副作用が出ることも報告されています。秋口に花粉症の症状が出る人やヨモギやブタクサといったキク科の植物のアレルギーを持っている人は気をつけなければなりません。キク科のハーブには、カモミール以外にもエキナセア、カレンデュラというものがあります。自宅でハーブを育てている人は注意しましょう。

またカモミールは基本的に安心して飲めるお茶ですが、妊娠中や授乳中の人は飲むのを避けるよういわれています。妊娠中や授乳中の人に対しての安全性が確立されていないからです。赤ちゃんへの影響や副作用の有無が全くないとは言い切れないので、妊娠や授乳が終わるまで飲むのはやめておきましょう。

そして、病院にかかっていて薬を摂取している人は、ハーブティーの飲み方には特に注意しなければなりません。病院から出されている薬と飲み合わせが悪く、効果を打ち消してしまうことがあるからです。もっと最悪な場合は、重篤な副作用を起こす可能性も考えられます。薬を服用している人は、ハーブティーを利用する前に必ず医師に相談するようにしてください。

もちろん、健康や美容に良いからといって1日にたくさんの量を飲めばいいというものではありません。たくさん飲めば効果が倍増する、といったこともありません。1日に飲む量の上限は示されていないものの、カモミールに限らずハーブティーを飲みすぎてしまうと具合が悪くなることがあります。また高濃度でお茶を抽出すると吐き気を引き起こすこともあるようです。どのハーブティーにも注意事項があるので、購入して飲用する前に説明書などをきちんと確認するようにしましょう。

このような副作用が起こる可能性を知っておき、カモミールを上手に利用することがおすすめです。より効果的に飲みたいなら、目的によってタイミングを変えましょう。例えば、胃腸や口内炎などの炎症を抑える目的であれば、その症状が出たタイミング、または胃腸の食物が入る前、つまり食事前に摂取することで効果が期待できます。またリラックス効果を得たい場合は、就寝前に飲むことがおすすめですし、抗糖化作用を得たいなら食後に飲むのがよいでしょう。体調によって飲むタイミングを変えるのも良い方法ですが、美容目的の場合は習慣化して継続して飲むことが効果を高めることにつながります。

最後にカモミールティーの美味しい入れ方を紹介します。抽出時間とお湯の温度がとても大切です。カモミールティーにはジャーマンとローマンなどいくつかの種類がありますが、それぞれ入れ方のポイントが異なります。ジャーマンカモミールは、甘みがありリンゴの風味がします。一般的にカモミールと呼ばれているのは、この種類です。90度前後のお湯で2~3分抽出すると豊かな風味が味わえます。一方ローマンカモミールは少々癖がありますが、90度前後のお湯で2分ほど抽出します。短めに抽出することで苦みを抑えることができます。

おすすめの飲み方として、カモミールティーにブランデーなどのお酒を少し混ぜると安眠効果を得ることができます。これは1日に1杯程度がおすすめです。また疲れたときに砂糖を少し加えると、身心の疲労を取る効果が得られます。砂糖を入れる場合は、1日に1~2杯程度にしておきましょう。

飲むだけではなく、カモミールのティーバッグを2~3個お風呂に入れると入浴剤になります。カモミール入りの化粧品も人気があります。上手に利用して、カモミールの効能を得ましょう。

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング