カモミール(カミツレ)の花言葉 あの話題作についても!

カモミールの花言葉

野原に咲いているイメージはもちろん、お花屋さんで花束用としても売られているカモミール。
カモミールという名前で知られていますが、別名カミツレともいわれています。
白い花にぷくっとした黄色が映えるかわいらしいお花は老若男女問わず印象のいいお花なので、花束を彩るお花としてついつい贈りたくなってしまいますよね。

今回はそんなカモミール(カミツレ)を贈るときに知っておくとさらに話題が広がるカモミールの花言葉をご紹介します。

カモミールの花言葉をまずはざっくりご紹介

カモミール(カミツレ)に限らずどの花にも共通していますが、花言葉は花にひとつではありません。
カモミール(カミツレ)には大きく以下の3つの花言葉があります。

  1. 逆境に耐える
  2. あなたを癒す
  3. 友情・仲直り

どの花言葉もポジティブなので、まずは人に贈るのに不適切ということはなさそうですね。
それではこれらの花言葉は、どんなポイントからつけられたのでしょうか?
ここからはそれぞれの花言葉の由来や意味をもう少し詳しく説明していきます。

カモミールの花言葉1:逆境に耐える

挑戦

まず取り上げたいカモミール(カミツレ)の有名な花言葉が「逆境に耐える」
見た目はかなり華奢なイメージを持つカモミールの花ですが、どうしてこのような花言葉がつけられているのでしょうか?

それはカモミールの植物自体の生命力や繁殖力に由来しています。
カモミールは寒さの厳しいところでも根を張り花を咲かせます。
雨風にも強く、仮に人や動物に踏まれてもまた育ちます。
また、仮に枯れてしまったとしてもまたそのすぐ周辺からまた新しい命が芽生えます。

どんな不利な状況でも生きようとするカモミールの生命力は、逆境のなかでも立ち向かってチャレンジしていく人の姿に重なるものがあるでしょう。
「その挑戦がよい結果を生みますように」という気持ちを込めてカモミールの花を贈ったら、喜んでもらえるかもしれません。

カモミールの花言葉2:あなたを癒す

あなたを癒す

次に取り上げたい有名なカモミール(カミツレ)の花言葉は「あなたを癒す」
これはカモミールが持つ薬草の効果を考えると連想するのは比較的簡単なのではないでしょうか?

カモミールの効果は知られているものだけでも

  • 肌の炎症を抑える・ニキビ・肌荒れ・痒みを抑えるなどの鎮静効果
  • 安眠やストレスの解消などのリラックス効果
  • 胃腸にやさしく、消化を助ける効果(整腸効果)
  • 平滑筋の組織を整える効果

などさまざまな効果があるので、植物のお医者さんという別名があるぐらいです。

また、近年アンチエイジングの業界で注目されているカモミールの効果が「抗糖化」効果。
糖を摂りすぎる食生活で余った糖がタンパク質と結びつくことによって発生する老化現象である糖化をカモミールは抑えてくれる効果が今注目を集めています。
くすみ抗糖化Laboではそんなカモミールの抗糖化効果についても詳しくお伝えしているので、興味のある人はチェックしてみてくださいね。

また、カモミールはキャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜のコンパニオンプランツの役割も持っています。
コンパニオンプランツということばは聞きなじみがないかもしれませんが、簡単に言うと「一緒に植えておくとその野菜を病害虫から守ってくれる」ハーブのことです。
キャベツやブロッコリーを守っているカモミールの姿は、まさにこの「あなたを癒す」そのものではないでしょうか?

いつもお世話になっている人や頑張っている人に対して、この花言葉を添えてカモミールを贈るのもいいですね。

カモミールの花言葉3:友情・仲直り

仲直りする男性

カモミール(カミツレ)の3つ目の花言葉が「友情・仲直り」です。
この花言葉の由来は、カモミールが群生しているという様子と、カモミールはそのままで生えていると害虫につかれやすいので人の手を借りなければ生きていくことができない様子から付けられた花言葉です。

大切なご友人はもちろん、今少し気まずくなってしまっている人や仲直りしたい人に対して「ごめんなさい」の言葉を添えてカモミールの花を渡すのもよいでしょう。

図書館戦争にはカモミールの花言葉がよく出てくる

本とカモミール

ここまでカモミール(カミツレ)の花言葉についてそれぞれを詳しく解説してきましたが、この花言葉が多く用いられている作品があります。
2013~2015年にV6の岡田准一さんが主演した映画「図書館戦争」です。
「メディア良化法」という法律によって日本の情報規制をしようとする『良化隊』に、岡田准一さんの演じる笠原郁が所属する『図書隊』が反発する内容です。
図書館戦争において、この図書隊のシンボルとなっている花がカモミールです。

兵力で圧倒的に不利な図書隊は徐々に良化隊によって追い詰められていってしま野ですが、このシーンにおいてカモミールの花言葉が使われています

笠原
これ、感謝のプレゼント、アロマオイルです。カミツレの。
堂上
カミツレか……。苦難の中の力……。
笠原
はい。図書隊のシンボル。カミツレって強い花だけど、育てるのに手間がかかるそうなんです。
誰かが手を尽くしてやっと咲く花……。

ここで主人公の笠原の共感である堂上はカモミールの花言葉をそのまま口にしていますが、笠原も「あなたを癒す」という意味を込めてカモミールのアロマオイルを贈っていると考えると少し違った見え方ができておもしろくはありませんか?

カモミール(カミツレ)の花言葉はコレ

今回はカモミール(カミツレ)の花言葉についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

  • カモミール(カミツレ)の花言葉のコアな意味は ①苦難に耐える ②あなたを癒す ③友情・仲直りの3つ
  • カモミール(カミツレ)の花言葉は最近では図書館戦争でも使われている

ということがおわかりいただければ嬉しいなと思います。

くすみ抗糖化Laboではカモミール(カミツレ)の効能についてはもちろん、くすみや抗糖化についての最新情報をおとどけしております。気になった方は定期的にチェックしてみてくださいね。

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング