カモミールの成分をご紹介! どんな効果があるの?

カモミールと聞いたときに、多くの人が思い浮かべるのはお茶です。さまざまなお店で、カモミールティーが提供されているため、よく飲んでいるという人も少なくありません。しかし、なんとなく飲んでいるだけの人が大半で、どのような成分が配合されているのか、どのような効果が期待できるのかは理解できていないものです。せっかくカモミールティーを飲むのなら、単なる味だけを楽しむのではなく、特別な効果を得られる工夫をした方がよいといえます。また、お茶として飲むだけでなく、アロマに癒されることもできるのがカモミールの特徴です。部屋に置いてあると、仕事などで疲れたときの疲れを簡単に取ることができるようになります。忙しい日々を送っている人に向いているのです。

カモミールは、忙しい生活を送っている現代人に適しているように思われますが、実は非常に長い歴史を持っています。古代エジプトの人々も、太陽の神に捧げるものとして活用していたのです。それだけ高い効果・効能を秘めているものだということが分かります。古代ギリシアでは、さまざまな病気を治癒するための薬として活用されていました。昔の人々はなんとなく効果がありそうだという考えで薬にしていたわけですが、現代では正式な効果があることが分かり、薬として認められています。一般的にはリラックスできる効果が知られていますが、それだけにとどまらず、具体的な疾患を治癒する効果まで得ることができるのです。

カモミールはハーブの一種なので、葉を活用するイメージが強いのですが、実は違っています。一般的なハーブとは異なり、花の部分を活用するのが特徴です。カモミールティー・アロマとして役立てるときは、丁寧に花を水で洗って使うことになります。そして、もっとも大切なことはきちんとカモミール 成分について理解することです。どのような成分が配合されているのかが分かっていないと、適切な効果を得ることが難しくなります。成分によって、期待できる効果などには大きな違いがあるのです。細かい部分まで理解するのは困難ですが、ある程度の知識を身につけておくと安心できます。

主なカモミール 成分は、αビサボロール・アピゲニン・ルテオリン・マトリシン・カマメロサイドなどです。期待できる効果としては、抗炎症作用・抗アレルギー作用・抗糖化作用などが挙げられます。抗糖化作用というのは、いわゆるアンチエイジングの効果を指しています。もちろん、ここに挙げたような効果以外にも期待できる効果は複数あるため、カモミールは非常に重宝するといえるのです。

抗炎症作用につながるのはαビサボロール・アピゲニンなどで、消化器系に働きかけます。ルテオリンは特に効能が強く、炎症の原因となるロイコトリエンという物質が生成されるのを阻害する効果が期待できます。カマズレンという成分にも抗炎症作用があるのですが、これはマトリシンが化学変化したものなので、カモミールティーにはあまり含まれていません。

カモミールティーをよく飲む人が強く求めている効果の1つは、やはり抗糖化作用・アンチエイジングだといえます。この効果が期待できるカモミール 成分はカマメロサイド・ケルセチンなどです。体内に存在している活性酸素に対して働きかけ、結合することで影響力を小さく抑えることができます。老化の大きな原因は活性酸素なので、アンチエイジングに取り組みたいという人は活性酸素の対策を考えなければなりません。カモミール 成分を上手に活用することで、効率よくアンチエイジングを進めていくことができるのです。

注意しなければならない点としては、カモミールには複数の種類があるということが挙げられます。さまざまなカモミールについて、きちんと違いを理解しておかないと正しい効果を得ることができなくなってしまうのです。原産地がどこなのかによって、香りや含まれる成分に大きな違いが出てきます。

たとえばジャーマンカモミールの原産国はドイツが中心で、成分はカマズレン・ビサボロールオキサイドなどです。ローマンカモミールはイギリスが中心で、アンジェリカ酸イソブチル・アンジェリカ酸メチルなどが含まれています。ワイルドカモミールはモロッコが中心となっていて、ボルネオール・カマズレンなどが主な成分です。このように、さまざまな原産国のカモミールがあり、成分にも大きな違いがあることが分かります。

カモミール 成分に気をつけながら用いるようにすることで、体質などに合わせることができるのです。アンチエイジングなどの効果に加え、消化を促進したりする効果もあるため、お腹の調子が悪くなることが多い人にも向いています。消化器官の働きを強めることは健康につながるので、積極的にカモミールを用いることが大切です。さまざまな炎症を抑えること以外に、肌の乾燥を改善させたりすることもできます。美容を意識している人が摂取するのにも合うのです。

ブログランキング クリックお願いします♪


人気ブログランキング
にほんブログ村 バナー
FC2ブログランキング