CATEGORY 糖化を防ぐ(抗糖化)

抗糖化というワードを見たり聞いたりしても、ピンとこないという人も多いかもしれません。しかし美容や健康に関するワードとして、ジワジワと話題になってきているのです。全ての人に関係するテーマでもあるため、知識として備えておいて損はないと言えるでしょう。では、抗糖化とは一体何なのか?ということを知る前に、糖化についての理解を深めていくことが大切です。

そもそもの糖化とは、体に起こる「焦げ」と表現されることがある状態を指しますが、その正体には糖質やタンパク質の結合によって誕生する、AGEsという物質が関係しています。この物質は、糖化最終生成物と呼ばれるもので、老化を促してしまうことで注目されているのです。この作用こそが糖化であり、健康な骨と比較した場合も、茶色く変色してしまっているのが特徴的です。

糖化はどのようにして引き起こされてしまうのかという問題ですが、代表的な存在とされているのがブドウ糖や果糖です。これらは人体においてのエネルギー源となる存在であり、生命活動を支えるためにも欠かせません。しかし過剰に摂取することで、害となってしまう恐れもあるのです。
例えばブドウ糖に関して掘り下げていくと、この物質のもとになるのは砂糖や炭水化物です。摂取した後は、消化酵素によってブドウ糖に変換され、それが血中に入ることでインスリンによってエネルギー源として使われます。もし消費できないほどのブドウ糖を摂取した場合でも、脂肪細胞や肝臓に溜め込まれることで、いざという時のエネルギー源とします。

問題なのはさらに余ってしまう状況を招いた時です。貯蔵できないほどの量を摂取した場合、タンパク質や脂肪と結合します。するとこれが悪玉の老化物質へと変換されてしまい、AGEsとして蓄積されてしまうのです。現代人は特にブドウ糖を過剰に摂取する傾向がありますので、AGEsを生み出しやすい状況を招いており、それによって老化を促進してしまっています。

ではAGEsが増えることでどのような影響を受けるのか、様々なところでリスクとなり得ます。例えば分かりやすい影響として、肌の老化が起こりやすくなるでしょう。肌の悩みの代表的な存在と言えば、くすみが挙げられますが、くすみが生まれてしまうのも糖化が影響しています。美容物質として有名なコラーゲンやケラチンは、肌を構成する大事な存在ですが、ところが糖化の影響で劣化が進むと、茶色く変色してしまいます。それが肌の内側で起こることで、透明感が失われくすみの目立つ状態を招いてしまうのです。
健康面にも多大なる影響を与える恐れもありますが、脳梗塞や心筋梗塞なども糖化の影響を受けると言われています。これらの症状は、血管が衰えてしまうことで起こりやすくなるとされていますが、AGEsが体内に蓄積されることで血管を弱くさせてしまうのです。その他にも白内障やアルツハイマー、がんなど、あらゆる病気の発症を促進する恐れがあり、人は糖化によって健康を大きく損なわれてしまう可能性があります。

糖化が起こることで、このような影響を受けてしまうことが考えられますが、そこで重要になってくるのが、抗糖化を心掛けることです。要は糖化が起こらないように気を配ることであり、普段の生活の中でも意識することでAGEsの増加を防止することができます。

どのような心掛けが抗糖化に繋がるのかについてですが、食に関する影響ということもあり、基本的には食事の仕方に注意を払うことが大切です。例えば朝食を抜かないようにすることです。

朝は忙しいなどの理由で、食事を摂らないままになっているケースも珍しくありません。しかしながら朝食を抜いた場合、血糖値が低い状態が続いてしまいます。すると、インスリン拮抗ホルモンが多く分泌されるようになるのです。その状態で昼食などを食べると、血糖値の急上昇を招きますが、一方ではインスリンの大量分泌を招いて血糖値を下げる動きが強まります。端的に言えば極端に上下する状況が生まれてしまい、この強烈な動きによって糖化が促進されてしまうと言われているのです。しかも、すい臓にも負担が大きく掛かるようになりますので、例えば糖尿病などの発症リスクも高めてしまいます。

その他にも、早食いをしないようにする、GI値を意識した食品を選ぶ、運動を取り入れるなどの対策も有効です。どれかひとつの対策に留まらず、複合的な工夫を取り入れて、AGEsを減らしていくのが有効です。なお、いずれの対策も日常の中で行える点に特徴があります。特別なことをやらなければいけないということはなく、普段の生活態度を改めていくことで改善を目指すこともできるのです。とは言え、裏を返せば日常にこそリスクが潜んでいることであり、普段の生活がリスクの高いものですと、それだけ影響を受けやすくなってしまいます。日常をしっかりと振り返り改善していくことが、抗糖化を効果的に行うためにも大切です。